リスカの傷跡を疑われた時の言い訳

リスカ傷跡の言い訳

残念ながら、まだまだ「リストカット」という行為に対して世間の目は寛容とは言えない時代かもしれません。
特に男性は女性の手首の傷跡に引いてしまう人も多いようです。

 

普段見られないように気を付けて生活していても、万一見られてしまった場合は、できれば上手な言い訳によって、この傷跡がリスカによるものだと悟られないようにしたいものです。

 

 

ムダ毛の処理中によそ見をしてしまってざっくり切ってしまったというのも、言い訳としては不自然さが少なくておすすめです。
脇の下のムダ毛を処理中に、石鹸を落として驚いたときに手首を切ってしまったとか、腕のムダ毛を自己処理することもあるでしょうから、不注意や突発的な出来事によるミスは実際に起こりうることです。

 

猫を飼っている場合は、飼い猫と遊んでいたら急に機嫌を悪くさせてしまったみたいで、引っかかれたなどと言っておきましょう。
しつけがうまく行かないまま飼い主を攻撃してくる猫は実際に存在しますから、決して無理がある内容ではないと思います。

 

 

他に考えられる言い訳は、怪我や事故によるものです。

 

バランスを崩して倒れた時、網戸に突っ込んでしまって手首をけがしてしまったというものや、ガラスや食器の破片を拾っている最中にけがをしてしまった、子供の頃窓ガラスを突き破って腕を引っ掻いた傷が残っている、兄弟げんかで妹に引っ掛かれた、バイクや自転車での事故など。。
考えれば幾つか出てくるのではないでしょうか。

 

 

自分の環境や傷の状態に合わせて、上手な言い訳を用意しておくといいですよね。

 

 

リスカの傷跡を疑われた時の言い訳の例・まとめ

  • カミソリでムダ毛を処理中の不注意・事故
  • 猫に引っ掻かれた
  • 網戸に突っ込んだ
  • 窓ガラスを突き破った
  • 兄弟喧嘩で引っ掛かれた
  • バイクや自転車での事故

・・・等々